夜行バスのマナー順守

夜行バスのマナーについて

夜行バス乗車のマナー

夜に眠っている間に移動できるのが便利な夜行バスですが、公共交通機関ですからマナーがあります。最も問題になるのがリクライニングかもしれませんが、基本的には完全に倒して構いません。夜、寝るためのものだからです。ただし、後ろの人に必ず一声かけてからにしましょう。このように、基本的には夜に眠るためのものと考えると、夜行バスの乗車マナーは納得できるものばかりです。イヤホンからの音漏れに注意する、においの強い食べ物を食べることは避ける、友人同士だからと言って周囲の迷惑になるような声で話し込まないといったことが挙げられます。

夜行バスのマナーを守ろう

夜行バスを利用する際、マナーを守らないと他の乗客に迷惑をかけるので配慮が必要です。最近では席の間が広く間隔を撮っており、リクライニングシートを倒しても後ろの人が気にならないという事もありますが、中には後部座席に物や飲料を引っ掛けている人もいるので一声かけて倒したり、ゆっくり倒すなどしてびっくりさせないようにはしたいところです。また夜行バスではよく眠れるように室内の消灯時間も設けられるのでその際には携帯などで明かりや音が漏れるといった事の無いように配慮をしたいところです。また、静まり返った室内はちょっとしたことでも音が響くのでなるべく音を立てないようにする事がマナーでもあります。

夜行バスのサービス情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 夜行バスのマナーについて. All rights reserved.